2人のスーツの女性

国債を活用した資産運用

国債が選ばれる理由

資産を効率的に運用するためには、一人一人がリスクとリターンを考えながら商品を選ぶ姿勢が重要です。特に高いリターンを求めたいときには株式で運用する人が多い一方で、リスクが高い点が難点です。しかし国債への投資であれば、原則投資した元本に加えて利息も支払われるので、預貯金と比べても収益性が高くなっています。また国債は銀行や証券会社で購入することが可能であり、最低投資金額1万円から始められるのも魅力です。また流動性が高いので、急にお金が必要になって換金したいときにも便利です。更に最近では我が国の国債以外にも、先進国や新興国の国債も購入しやすくなっているので、運用の幅が広がっている点も人気の理由となっています。

債券投資の歴史とは

安定性重視の資産運用の中でも最も代表的なのが、国債や地方債や社債などの債券投資です。特に国内では高度成長期に高金利の時代が続いたので、7パーセント以上の利率の債券も購入できた点が大きな特徴です。また最近では低金利が継続する一方で、個人向け国債のように変動金利商品にも投資しやすくなっているのが大きな変化です。また投資信託を利用して、世界各国の国債への投資も行えるようになっているので、個人投資家の間でも大人気です。特に個人投資家が注目しているのが高金利通貨国の国債で運用する投資信託であり、その中でも毎月分配型の商品を選ぶ傾向が強いです。また最近では投資信託の積み立ても大人気であり、毎月の積み立てで国債を活用した資産運用を行う人も多いです。